読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラティハン日記・掲示板

ラティハンに関係したいろいろな事の掲示板です。There are many varieties of bulletin boards related to Latihan.

スシラ ブディ ダルマ・はじめに・2

こんなことを言っている団体もあります。<--リンク

Looking at the original Sanskrit roots and their meanings we can see the connections with both Hindu and Buddhist principles:
オリジナルのサンスクリット語のルーツとその意味を見ている私たちは、ヒンドゥー教仏教の原則の両方の接続を見ることができます:

Sila means virtue, good conduct, morality or ethical behaviour, and in Buddhism represents intentional action.
シラは美徳、善行、道徳や倫理的な行動を意味し、仏教に意図的なアクションを表します。

Budh means to know or to wake. In Buddhism, bodhi means enlightenment or awakening to the inner wisdom accessible to all, and the title Buddha simply refers to one who is awakened.
Budhは知っているか、目を覚ますことを意味します。仏教では、菩提は、すべてにアクセス可能な内なる知恵と悟りや覚醒を意味し、仏陀とは単に「目覚めた者」ということです。

Dharma has a wider range of meanings. For example, in Hinduism it is defined as duty or the natural order of the universe, whereas in Buddhism it refers to the teachings of the Buddha.
ダルマは、意味の広い範囲を持っています。仏教では、仏の教えを意味し、一方、例えば、ヒンズー教では、義務や宇宙の自然な順序として定義されています。

 

そうしてまたこんな風に言う人たちもいます。<--リンク

The first word, Susila means to act humanely.
最初の単語は、Susilaは人道的に行動することを意味します。

It describes someone with a soul, an inner feeling, that is human.
それは人間であり、魂、内側の感覚、との誰かを説明しています。

It describes someone who helps others, who cares for others, who works to put right a bad situation, who helps those who have less than they do;
それは彼らがよりも少ないを持っている人を助け権利悪い状況を、置くために働く他の人のために気に他の人を助け、誰かを記述する。

someone who loves other human beings and who does not discriminate between one person or another, because everyone is one - they are all human beings.
誰もがひとつであるため、他の人間を愛し、誰かが、1人または別の間を区別しない - 彼らはすべての人間である。

And having that attitude, having that feeling, opens the way for such a person and makes it easier for him or her to get everything they need to live in this world.
そしてその気持ちを持つ、その態度を持つ、そのような人のために道を開き、それが簡単に彼または彼女は、彼らがこの世界で生きるために必要なすべてを取得できるようになります。

 

あるいはこんな風にも訳します。<--リンク

Susila means good moral and ethical behaviour - our outer self;
Susilaはいい道徳的、倫理的な行動を意味 - 私たちの外側の自己;

Budhi refers to the atom of the Divine, or the ultimate power in the Universe, working in our inner self;
Budhiは、私たちの内なる自分で働いて、神の原子、または宇宙の究極の力を指し;

Dharma brings these two together,
through the practice of the spiritual latihan,
to create an integrated, harmonious whole human being.
ダルマは、これら二つをもたらし( 訳注:二つとはたぶんSusilaとBudhiのことと思われます)
精神的なlatihanの実践を通して、
統合された、調和のとれた人間の存在全体を作成します。

 

さてこの言葉、博学のベネットさんにかかるとこういうことになります。<--リンク

The ancient Sanskrit language from which these words are taken belongs to the Hemitheandric Epoch, and has not been a spoken language for nearly three thousand years.
これらの言葉が取られているから、古代サンスクリット語はHemitheandricエポックに属し、ほぼ3000年間、話し言葉ではなかった。

Nearly all the wisdom of the old Epochs has been lost, and we do not understand much of the symbolism of the Vedas and Brahmanas.
古いエポックのほぼすべての知恵が失われました、我々はヴェーダブラフマン(Brahmanas)の象徴の多くを理解していない。

Yet the three words Susila?Budhi?Dharma convey a deep and vivid meaning as they are interpreted by Pak Subuh.
彼らはパ スブーによって解釈されるように、まだ3言葉Susila-Budhi-ダルマは深く、鮮やかな意味を伝える。

Susila means literally to have good morals.
Susila、良い道徳を持っている、と文字通り意味します。

Pak Subuh describes it as "Right living according to the Will of God."
パ スブーは「正しい神の意志に従って生きている。」としてそれを説明します。

The word Budhi has baffled the commentators.
言葉Budhiはコメンテーターを困惑させている。

Some understand by it the Power of the Intellect, others Consciousness, and others again explain it as the inner agent, or will of man.
いくつかは、それによって知性の力、他の人の意識を理解し、他の人は再び内部のエージェント(代理人)、または人間の意志としてそれを説明する。

Pak Subuh takes it to mean "The inner force or power that resides within the nature of man himself."
パ スブーは "人間自身の本質内にある内側の力やパワー。"というように、それを取る。

It is not the individuality or self-hood of man, nor even his soul, but rather the limitless potentiality for development and progress that is the true motive power in the spiritual life.
それは個性や人間の自己自身の、あるいは彼の魂を指しておらず、むしろ精神的な生活の中で真の動力である発展と進歩のための無限の可能性を示しています。


Few Sanskrit words have been so misused as Dharma.
いくつかのサンスクリット語の言葉はとてもダルマとして誤用されています。

In the motto of the Theosophical SocietyーNasti Satyat para Dharmoーit is translated as religion.
神智学協会 - Nasti SatyatパラをモットーにDharmo - それは宗教として変換されます。

It is often taken to mean law, or the world order.
これは、しばしば、法律、または世界秩序を意味するものと解釈される。

Others again translate it as duty or even fate.
その他もう一度義務あるいは運命としてそれを翻訳します。

The Pali equivalent, Dhamma, occurs in one of the most ancient Buddhist scripturesーthe Dhammapadaーas the description of the way of life of the Bhikkhu or Buddhist mendicant priest.
パーリ語と同等、ダンマは、最も古い仏教の経典 - ダンマパダ-比丘や仏教の托鉢、司祭の生き方の記述のひとつとして記述されます。

Pak Subuh interprets Dharma to mean "Submission, surrender and sincerity in receiving the gift of Grace from the Almighty."
パ スブーはダルマを "服従、降伏と誠実さにより、全能からグレース(恵み)の贈り物を受け取ること。"と意味するように解釈します。


When the three words are combined, they denote the perfect harmony of the inner life (Budhi) and outer life (Susila) that is attained when our entire being is submitted to the Will of God as it is revealed to us through the highest centre of consciousness, seated not in the brain but in the soul.
三つの言葉を組み合わせた場合に、それが最高の中心を通って私たちに明らかにされているように、それらは私達の人間の全体は神の意志に提出されたときに達成される内側の生活(Budhi)と外生命(Susila)の完璧な調和を示し、意識はなく、脳内ではなく、魂に着席。

 

PS
ラティハン日記 目次 にはこちらから入れます<--リンク